検索
  • Admin

湯川モデル 着工状況その③

湯川モデル着工状況その③になります。

前回は大工さんが登場し、建物外部の工程についてお伝えしました。

今回は建物内部の工程についてお伝えしていきますが、ちょっとその前に、前回お伝えできなかった屋根の下葺きをご紹介。

大工さんがネオマフォーム(外断熱)とタイベックシート(透湿防水シート)の施工をしている時に、屋根では板金屋さんが防水材のアスファルトルーフィングを敷いて、その上に屋根材を設置していきます。


2020/3/30 構造躯体検査

第三者保険機関による構造躯体検査が行われます。

「窓回り等の開口部が適切に防水施工されているか」、「図面通りの施工となっているか」、「適切に金物を取付けているか」などなど、他にもいくつものチェック項目を確認していきます。

その①でご紹介した基礎配筋検査と同様、ここでも「適合」とならなければ次工程には進めません。 不適合となった事は一度もございません!


2020/4/2 内断熱

柱と柱の間には厚さ90mm高性能グラスウールを敷き詰めます。


2020/4/2 天井ブローイング施工

天井にはブローイングマシンという専用の機械で、グラスウールを吹き込んでいきます。

断熱効果に加えて遮音効果もあり、1階天井に235mm、2階天井に300mmそれぞれ施工します。 ※上記の吹込み厚さは2×4工法標準仕様の場合


2020/4/8 

断熱材の施工が完了した後、当社は標準仕様でダンシーツを張っていきます。

ダンシーツはアルミ蒸着タイプの防湿シートとなっており、気密性を上げるだけるだけでなく、湿気を遮断し壁内結露を防ぐことが出来るため、お家を長持ちさせる効果があります。


2020/4/11 石膏ボード施工

壁内部の電気、暖房、設備工事が完了すれば、天井と壁に防火・耐火性能に加え、遮音性能もある石膏ボードを張っていきます。


今回はお家が建つまでのご説明ですので、ここまでにさせて頂きますね(^^)

この後は、クロス屋さんが石膏ボードに下地パテ処理し、天井や壁にクロスを張っていきます。 その後、二期工事としてキッチンやユニットバスといった住宅設備類、照明の設置し

完了となります。


完成写真、近日アップします!!

お楽しみに!


0回の閲覧

株式会社太平ホーム北海道 函館支店

〒042-0941 函館市深堀町13-3

Tel: 0138-35-5566

Email: hakodate@taihei-home.jp

facebookロゴ_edited.jpg

Copyright (C) 2017.TaiheiHomeHokkaidoHakodate. All rights reserved.